· 

牡羊座の性格

お天気が続く5月の連休が終わり

ウィルス感染拡大の影響で、イベントなど参加できなく

残念な日々だったと思います。

 

現在、太陽はおうし座を運行中で

 

先日の満月では、早く感染拡大を終息するよう月に祈らずにはおれません。 

 

 

おひつじ座について、前回からの続きです。

 

 

牡羊座の支配星は「火星」で攻撃力や対決に備える意志力を授けます。

 

どの星座も3つのブロックで分けられ

 

同じエレメントの影響があると言われています。

 

 

第1旬(0~9度59分)は、おひつじ座の火星の影響を2重に受けます。

 

勇敢で闘争心が強く、指導的立場を好み、

政界に進出したり開拓的事業に進もうとします。

 

火星が否定的に現れると

結果を考えず無謀な計画を行ったり、敗者に容赦ないことも。

 

第2旬((10~19度度59分)は、火星に加えてしし座の太陽の影響を受けます。

 

火星の突進力に太陽の明るさと威厳が加わり

高い目標と達成力を持つようになります。

 

太陽が否定的に現れると

高慢で、残忍さで平気に人を傷つけるでしょう。

 

第3旬(20~29度59分)は、火星に加えて射手座の木星の影響を受けます。

 

火星の情熱に木星の寛大で快活な性質が加わり

正義感が強く、規律をと尊ぶ調和のとれた人柄になります。

 

木星が否定的に現れると

神経質で偏屈な性格となり、人を容赦なく裁くでしょう。

 

 

ひとつの星座を通過する際の、それぞれの支配星の持つ影響を受けて

惑星本来の性質に変化を生じるんですね^^

 

おひつじ座でも、最初の頃の生まれ、真ん中くらいの生まれ、おうし座に近づく生まれと

少しずつ性格に違いが出てきますね♪

 

身近にいるお友達などにあてはめて検証しても納得かもです。