· 

太陽星座 双子座

こんにちは、星読みスト☆彩乃です。

 

緊急事態宣言が全面解除され、少しは気分が楽になったようで

 

街に出だすと、感染者がまた増え・・個人の対策は必要ですね。

 

 

2020年6月6日早朝のいて座満月は

 

うお座火星と海王星に太陽と月の衝(180度)がTスクエアを

 

形成して、アルコール・水商売(うお座)に凶的なイメージがあり

 

夜の街で感染がひろがる、というのもうなずけます。

 

 

太陽はふたご座を運行中ですが

 

今日は、ふたご座の情報を載せていきますね。

 

 

 

 

ふたご座は風のサインで、知的好奇心が強く

 

水星を支配星にし、言語能力や情報の扱いに関係します。

 

一つ前のおうし座の五感でとらえた世界で自身を満たし

 

ふたご座は外界へ能動的に働きかけ

まるでおもちゃで遊んでいた赤ん坊(おうし座)が

歩き出したとき、あちこちと好奇心を持って冒険するようなかんじです。

 

また、ふたご座は兄弟の星でもあり、兄弟でおもちゃを取り合う

最初の競争相手でもあります。

 

 

風(思考・情報)を柔軟宮として扱うとこだわりがなく

言動がコロコロと変わりやすい、軽い、うそつきという

印象を持たれるかもしれません。

 

頭の回転が良く、多才で多趣味。飽きっぽさも。

 

自由を求める欲求と、創意工夫の能力が過剰になり

楽してゴールにたどり着きたいという欲求があります。

 

水星期の年齢域(8~15歳)は、情報から答えを

ストレートに導き出すというのが、初等教育の目標ですが

人生は近道できることはあまりなく、ふたご座は混乱するでしょう。

 

 

ふたご座はどこか空虚感があり、本気になれないところがあります。

 

特有の分裂性がいきすぎて、神経不安に陥ることがあるようです。

 

 

ふたご座の楽しむこころ、フットワークの軽さは

とても好きなところです♪