· 

天秤座の性格

 

こんにちは、星読みスト☆彩乃です。

 

秋も深まってきました。

 

コロナ禍で注意しながらも、近場や

Go toキャンペーンで少し遠出して 

 

散策など楽しんでらっしゃると思います^^

 

私も近くの大きな公園に今秋2回も行って

ダリアやコキアを鑑賞しました!

 

 

さて、てんびん座の太陽もいよいよ終盤

17日の新月から、今は月も離れて行って

 

パワーのある木星、冥王星、土星のグループは

          おとめ座の金星とここ4~5日は調和的なので、

          ロマンチックな状況をしばし楽しめるのでは?

 

 

           今日は、てんびん座の3つのブロックに分けられる

            同じエレメントの影響をお伝えしますね。

 

 

 

 

 

てんびん座は「風」のサインの中央位で

バランス感覚と協調精神があります。

 

支配星の金星は、優れた審美眼と優雅な品性を

授けて、センス良くお洒落さんが多いですね!

 

 

 

第1旬(てんびん座0度~9度59分)生まれの人は金星の影響を2重に受けます。

 

愛情深く親切で、穏やかな雰囲気をつくり

融通が利いて如才ない。

 

他者の欲求を直感的に理解する能力があり

公共関係の仕事に適します。

 

金星の否定的性質が現れると

優柔不断となり人に感化されやすく、怠惰で不精になりやすい。

 

 

第2旬(10度~19度59分)は、金星に加えて天王星の影響を受けます。

 

金星の愛する心と天王星の人道主義が加わり

人の悲しみを理解し、苦労を軽くしようとする熱意がある。

 

社会改善の願望と、行政力や企業の才があります。

 

天王星の否定的性質が現れると

他者に自分の主張を強制し、自己本位な人となりがちです。

 

 

第3旬(20度~29度59分)は、金星に加えて水星の影響を受けます。

 

金星の温和さに水星の知性が加わり

理知的で快活な好感の持てる人になります。

 

いつも機嫌よく、周囲を明るくし

論理的な思索があり、建設的な人生観を持っています。

 

水星の否定的性質が出ると

利口さが皮肉や非難になり、愉快さが憂鬱さと変わります。

 

 

てんびん座に 同じエレメントの「風」の星座

みずがめ座の天王星、ふたご座の水星の影響を受けた

 

それぞれの3つのブロックに分けた性質でした!